ブログ

【お造りの盛り合わせ】旬の魚を楽しむ | 番屋有楽町帝劇

2017.11.15
料理写真
こんにちは、番屋有楽町帝劇です。

皆様は普段から食材の旬の季節を気にして買い物やお料理をされていますか?

旬の食材は、栄養価がとても高く通常時の2倍にもなるものもあります。

ただ栄養価が高いだけではなくて、その季節に必要な栄養が含まれていることも魅力です。

 

冬に旬を迎える魚介類




11月は、ズワイガニの漁が解禁されますが、特にオスはメスに比べて値段が高騰します。

また、サクラエビも同様に秋漁が解禁されます。

魚では、イナダやハマチも旬の時期を迎えます。

 

そして、冬の寒さが本格的になってくる12月は、カキやホタテなどの貝類や、

マダラやサケも水揚げされます。寒くなるにつれて脂がのった美味しい魚が出てくるため、

冬は魚介類を楽しむ良い時期と言えます。お刺身ももちろん良いですが、こうして晩秋から

初冬の旬を見ると鍋料理に向いている食材が豊富ということが分かりますね。

 

 

お刺身とお造りの違いって何?




新鮮な魚の切り身をお醬油などで味付けし食べる点については「お刺身」も「お造り」も

同じです。では、何が違うかというと「関東」と「関西」で呼び名が異なっていたようです。

日本は島国ということもあり魚を生のままで食べるという食文化がありました。

その中でも、刺身が広まったきっかけとなったのが、江戸時代に一気に生産量が伸びた

お醬油の登場です。このお醬油が登場してから生の魚の切り身が一般庶民にも浸透し

多く食べられるようになりました。

 

しかし、時代が武家時代ということもあり、「切り身」という表現は不吉な連想を

させるため、関東では「お刺身」と呼ばれるようになりました。

そして「切る」という言葉は、やはり縁起が悪いため関西では「お造り」と

呼ばれるようになったのです。

 

また、「お造り」は、切り身をお皿に並べる「刺身」と異なり、飾り切りにした

野菜などと一緒に綺麗に盛り付けをします。

現代では、地域ごとの呼び名ではなく、切り身全般を「刺身」と言い、ひと手間加えて

盛り付けされたものが「お造り」と言われています。

当店では、板前が腕を振るって仕上げたお造りをお楽しみいただくことができます。

ご来店の際は、是非ご賞味ください。

 

 

番屋有楽町帝劇店は有楽町駅3分、日比谷駅直結!

人気の完全個室居酒屋です!

全席完全個室で、大小様々な個室をご用意。最大72名様までご利用可能です。掘り炬燵もあります。

落ち着いてゆっくりとお酒やお食事を楽しめる「大人の居酒屋」です。

創業35年・安心と信頼の実績!

和食の板前が造る、番屋の本格和食。厳選した素材で造る旬の料理を、美味しいお酒とともにご堪能下さい!

自慢の宴会コースは2時間飲み放題付きで4000円〜。寛ぎの個室空間でお楽しみ下さい。

歓送迎会・新年会など、ご予約は随時承っております。

有楽町で宴会・新年会・接待なら番屋をご利用くださいませ!

Twitterはこちら

Instagramはこちら

番屋有楽町帝劇店PR担当でした。

個室居酒屋 番屋 有楽町店(帝劇店)のご案内-有楽町個室-

店舗名 個室居酒屋 番屋 有楽町店(帝劇店)
住所 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル B2
アクセス JR 有楽町駅 国際フォーラム口 徒歩3分
地下鉄有楽町線 有楽町駅 徒歩1分
都営三田線 日比谷駅 徒歩1分
地下鉄日比谷線 日比谷駅 徒歩3分
地下鉄千代田線 日比谷駅 徒歩3分
電話番号 050-7542-2587
営業時間 月~金
17:00~23:00
(ドリンクL.O.22:30)

金・祝前日
17:00~23:00
(ドリンクL.O.22:30)


※12月は土曜日も営業!土曜日もご予約受付ております。
※10名様以上のご予約で貸切可能です。
定休日 日曜日
祝日
土(予約のみ営業)

【年末年始休業日のお知らせ】
12月29 日(土)~1月6日(日)まで休業致します。
何卒宜しくお願い致します。
個室居酒屋 番屋 有楽町店(帝劇店)